スチールラックの特徴

 

住まいの収納を考える時、棚が必要になります。部屋に設置して使う棚は、部屋の壁紙や床の材質、色などを考えこだわって選びたいものですが、一旦買ってしまうと使い勝手の変更が利きません。その点、スチールラックはライフスタイルの変化にあわせて、パーツを組み替えることで、支柱や棚板の寸法を簡単に変更することができて大変便利です。最近では、家庭用向けのスチールラックを販売する会社も増え、パーツの種類も豊富になり、かつ値段も安くなってきたことから、スチールラックを購入する人が増えてきました。

スチールラックは、元々レストランの厨房などで調理道具の棚などに使用されていました。耐水性があり腐食しにくい、掃除が簡単といった理由で、業務用向けに普及していました。シルバーのスチール製で木製家具のような温かみはないものの、シンプルな作りで組み立てが簡単、そして必要に応じてパーツを組み替えれば常に自分のニーズにあった使い方ができるメリットがあります。

スチールラックのパーツは、支柱と棚板で構成されています。支柱の長さは、メーカーにもよりますが、5cmごとに棚板の位置が変えられるような設計になっています。棚板の高さが決まったらプラスチックの部品をはさんで棚板をはめるだけ。ボルトなどで留める必要はありません。棚板はメッシュ状の構造をしています。とても頑丈で棚板1枚につき135kgの耐荷重があります。日常の使用でラックの構造が崩れるようなことはほとんどありません。

好みに合わせて、様々な使い方ができるスチールラックを是非試してみませんか。

★オススメ情報★
・厳選された健康的な原材料で作られた、美味しいドッグフードの通販サイトです >>>ドッグフード 通販